天女に導かれて

三保の松原に行ってきました。

 

先日、サントリー美術館で展示されていた平等院鳳凰堂の修復記念の展示、

 

『飛天の美』という企画展を見てきたばかり。

 

飛天、、、って西洋のエンジェルのようなものなのですね。

 

ご本尊の上の方を飛ぶように、彫られています。

 

そこにあった、飛天の1つと『結縁』(けちえん・・・仏教用語で仏様と縁を結ぶこと、

 

とのこと)できるブースがあり、実際にこの春に修復が終わったら平等院に

 

戻る飛天の1つに触れることが出来、

 

触れながら祈ることが出来る素敵な企画でした。

 

その後すぐに静岡に行こうという話が出て、、、行先はどんどん変わり

 

気づけば三保の松原へ。

 

飛天様のお導きだね~、と喜びましたよ♪

 

 

初めて行ったのですが、富士山と松、どこまでも続く海・・・とっても気持ちのいい場所でした。

 

そういえば、神様にはお榊より松をお供えした方がいいって聞きますしね。

 

また行きたいな。

 

 

0 コメント